橋本健二の居酒屋考現学

居酒屋めぐりは私の趣味だが、同時にフィールドワークでもある。格差が拡大し、階級社会としての性格を強める日本社会の現状を、居酒屋に視座を据えて考えていきたい。日々の読書・音楽鑑賞の記録は、「橋本健二の読書&音楽日記」で公開中。社会学専攻、早稲田大学人間科学学術院教授。

2012-02-15から1日間の記事一覧

「楽旬堂 坐唯杏」

出版社との打ち合わせで、久しぶりにこの店へ。日本酒の充実ぶりは相変わらずで、とくに私の郷里の酒・宗玄がいろいろ飲めるのはうれしい。料理メニューには新顔がいろいろ加わったようだ。珍しい鯔の料理、あんきもと穴子のリエットなど。写真は「伊太利亜…