橋本健二の居酒屋考現学

居酒屋めぐりは私の趣味だが、同時にフィールドワークでもある。格差が拡大し、階級社会としての性格を強める日本社会の現状を、居酒屋に視座を据えて考えていきたい。日々の読書・音楽鑑賞の記録は、「橋本健二の読書&音楽日記」で公開中。社会学専攻、早稲田大学人間科学学術院教授。

2011-05-13から1日間の記事一覧

戸越銀座「焼鳥エビス」

仕事の帰り、ふと思い立って、池上線に乗ってみた。 いまから二五年前、洗足池の看護学校で社会学の非常勤講師をやっていたことがある。教壇に立ったのは、これが生まれて初めてだった。学生は全員が女性で、授業の前後に起立・礼をするのに驚いた。いま大学…