橋本健二の居酒屋考現学

居酒屋めぐりは私の趣味だが、同時にフィールドワークでもある。格差が拡大し、階級社会としての性格を強める日本社会の現状を、居酒屋に視座を据えて考えていきたい。日々の読書・音楽鑑賞の記録は、「橋本健二の読書&音楽日記」で公開中。社会学専攻、早稲田大学人間科学学術院教授。

2008-04-18から1日間の記事一覧

鐘ヶ淵「大吉」

東武線の鐘ヶ淵駅は、北千住から南へ三駅目のところ。かつては鐘淵紡績、後のカネボウの大工場があり、このあたりではもっとも栄えた場所だった。隅田川べりの工場の跡地には、今は団地が建っている。この駅と、南の京成線八広駅の間は、下町酒場好きの間で…